株式投資推奨時代到来!良い株式投資オンラインスクールの見極めポイントや基礎知識を紹介

貯蓄から投資へという政府のスローガンにもあるように、株式投資を推奨する流れが生まれてきました。
日本は欧米諸国と比べて投資資金の割合が低く、結果として経済成長と投資での資産形成の流れが、ほかの国と比べても出遅れているのが実情です。
政府としても手をこまねいているわけでは無く、様々なメリットを提供し始めている今だからこそ投資に挑戦することは結果的に自分自身の資産向上につながることは将来的にも期待できます。

株式投資推奨時代到来!良い株式投資オンラインスクールの見極めポイントや基礎知識を紹介

とはいえ初めて株式投資を行うとなると知識や経験も少なく、なにより資産が減るのではないかと心配する人もいるかもしれません。
そんなときに頼りになるのが、株式投資オンラインスクールと呼ばれるサービスです。
株式の売買方法から利益の出し方といった基本からどのような銘柄が推奨されるかなど、様々な視点でコンテンツを提供しています。
見極める際のポイントとしてはサービスの価格もそうですが、実際の受講者の生の声がもっとも参考になります。

一億二千万人株式投資時代到来?!その日に備えて株式投資オンラインスクールを検討しよう

日本では長く平均年収が上昇しないという事態が続いていて、金融機関が預貯金に対して付与してくれる利子もとても低いことから、少しでも資産を増やしたいと考えているひとは投資を行うようになりました。
投資は必ず利益が生じるわけではありませんが、金利だけでは全く増えない資産の現状を考慮すれば、資産運用を選択するのは当然とも言えます。
投資の中で参加者が多いのは株式投資であり、その人数から関連するオンラインスクールも豊富に存在しています。
これは新規に参入する人が多くなれば必然的に知識を得るための機関も増加するからですが、その数が増えれば本人にとって有効的ではないところも生じてしまいます。
その理由は他との差別化を持たせなければ注目されないからであり、株式投資のように自己の利益に直結してしまうのであれば、その判断も厳しくなってしまうでしょう。
その中で注意しなければいけないのは儲け話ばかりを掲載して損失について全く教えていないところであり、このようなスクールは集客だけを目的にして、株式投資の本質や経済の知識について最適な情報を伝授してくれるとは言えません。
魅力的な内容でなければ注目されないというのは今の時代の流れですが、甘言ばかりのものは損失が発生した場合の対応が難しくなってしまうので、これから選択をするのであれば損失についても正直に教えてくれるところを選ぶようにしてください。

株式投資オンラインスクールは非接触で感染症対策万全で安心して受講でき人気に!

株式投資のことを知りたい場合は、スクールで学ぶ、本を読む、動画を視聴するの3択になります。
本で読んだり動画を視聴したりするのは確かに安上がりになりますが、初心者にとっては敷居が高い可能性があります。
初心者の場合は、スクールで学んだほうが株式投資のことが分かりやすいのです。
こういう講義形式で株式投資のことを教えてもらう場合は、リアルな会場とオンラインの2パターンがあります。
リアルな会場の場合は、講師が目の前にいて教えてもらえるので、参加している気分になります。
それに対して、オンラインの場合は、リアルタイムで講師が講義をしているケースと、講義をしているところを録画しているケースの2種類があるでしょう。
どちらの方式にしても、講師や参加者と触れあうことがない非接触で行われるため、感染症対策になりますし、株式投資についてしっかりと学べます。
そのため、比較的人気があります。
感染症に対して不安を持っている人は、ネット回線を使った講義を受けてみるのも良いでしょう。

株式投資オンラインスクールはコロナ禍で金余りの富裕層も多く参加

株式投資はリスクヘッジも含めて基本的には可処分所得を資金にするものでしたが、コロナ禍により金余りの富裕層の参加者がこれまで以上に増えています。
本来ならば国内外への旅行に行くはずだったのが行動規制により行けなくなってしまったり、購入したかった高級な家電や自動車なども部品の高騰や供給不足で品薄状態となり、何年も待たなければならないケースもあります。
そんな中で使われるはずだったお金が使われずに金余りが生じていることから、お家時間が増えているのも拍車をかけて、この機会に本格的な株式投資を勉強して始めて見たいという方が増えています。
株式投資オンラインスクールにはそんな富裕層の人々が受講生として集い、インカムゲインやキャピタルゲインなどの基本的な知識から、信用買いや信用売りなどテクニカルな売買方法を学び、資産を形成することを目指します。
富裕層であるからこそ株式投資のための原資があり、有利な状態からスタートできるのも大きなアドバンテージです。

株式投資オンラインスクールは収入の上がらないサラリーマンの最後の砦

株式投資オンラインスクールは収入の上がらないサラリーマンの最後の砦といわれますが、その理由としては兼業禁止という働く上でのルールに起因しています。
一般的に雇われている側のサラリーマンは、その本業に専念する義務が生じます。
その義務を怠って別の仕事を会社に相談せず行ってしまうと服務違反と判断され、悪質な場合は懲戒対象になってしまうからです。
一方の株式投資などを含めた投資活動は、就業時間を外したり休憩時間を利用したりすれば基本的に個の違反には含まれません。
保険と同様個人が本人のライフスタイルを高めていくための一つの手段としてみなされるため、プライベートに属するという背景があるということも関係しています。
収入が上がらない場合は投資を通じて、売却益や配当金などを受領できるので収入アップにつながります。
もちろん最近では人手不足が慢性化されているため、副業に対する考え方が緩和されてきているのですがまだまだ途上段階です。

著者:粟野啓三

筆者プロフィール

千葉県千葉市生まれ。
証券会社の役員として定期的に株式投資のオンラインスクールを開催中。
初心者向けにオンラインスクールに関する記事をまとめました。
株式投資スクールをオンラインで